Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 用品」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@vegi_natural 初めまして。 買ったはいいけど、合わなかったとか使いづらいとか出てくる事もあるので、まずは、介護保険を利用してレンタルされるのが良いかなぁと思います。ケアマネさんや介護用品のレンタルの方に相談もできますし。 どうぞお大事に。

最近マックのポテト熱が高まり過ぎたので将来的に介護用品として開発したいと思います。いや、皆さんのベッドサイドにも今すぐ必要かも。 pic.twitter.com/jmLvKx5A8j

返信先:@kaigomen0331 わあ~これは画期的ですね❗️ 褥瘡予防に効果があれば、沢山の方の助けになりますね👍️😃 介護用品以外の便利なものを応用するご発想は、素晴らしいと思います😊

ライフプラン相談に必要な関連情報を確認しています! 4,介護福祉情報 ①介護 #介護保険 (認定・給付・保険料)・介護施設・介護用品 ②後見制度 #成年後見( #法定後見#任意後見) #未成年後見 ③社会保障 障がい者支援制度 #生活保護 pic.twitter.com/gwRd68fqTJ

Twitter群馬の生き方働き方応援団@twilp21

返信 リツイート 53分前

介護の窓口ウラノでは、おむつ等の介護用品を【配送料無料】でお届け致します!お気軽にお問い合わせください。0120-00-6541 #介護

Twitter介護の窓口 ウラノ@meisterurano

返信 リツイート 8:30

【翌日発送】ウィルス対策 日本製 除菌スプレー 手指除菌 スプレー 除菌消臭スプレー 次亜塩素酸水 ウイルス除去 消臭スプレー 感染予防 手 除菌消臭スプレー 衛生用品 99.99% 100ppm 強力除菌 介護用 オフィス 会社 学校 家庭 キッチン 台所 トイレ 浴室 [楽天] a.r10.to/ha6HFT #rakuafl

Twitterくまゆみ*+相互フォロー100+*@kumayumi_

返信 リツイート 1:56

RT @PJDOuzHlrYkR8jB: @mizuhofukushima 介護施設ではマスクは必要はないと言っています。 検査機器などの医療用品を求めていました。

ナビスカタログ通販サイト 他店と比較して圧倒的品揃え 医療用品、健康用品、看護・介護用品、理化学機器の通信販売なら行商ドットコム 熱中症対策用品取扱い中! gyo-show.com

Twitter行商ドットコム@gyo_show

返信 リツイート 0:07

RT @keyaki1117: これいいですね。 無精者が使ってはいけませぬw メモ 「介護用品開発販売の福岡市東区のガードナーが、頭髪に湯水を吹き付け瞬時に吸い込むことで一滴も漏らさずにシャンプー泡をすすぐ機械「ルームシャンプー」を販売。自宅での介護や訪問理美容で重宝」 ht…

RT @PJDOuzHlrYkR8jB: @mizuhofukushima 介護施設ではマスクは必要はないと言っています。 検査機器などの医療用品を求めていました。

今、介護が社会問題となっています

介護用品のレンタルサービスについて

介護用品のレンタルサービスについて

自宅に介護の必要な人がいる家庭では、お世話は同居する家族の大変な仕事です。
今はたくさんの介護用品がありますので、器具を利用することで家族の負担が軽減できる可能性があります。
介護用品のレンタルサービスをご存知でしょうか。
例えばベッドを購入する場合、およそ5万円から20万円程の費用がかかります。
実際に使用してみないと購入するのもためらってしまう金額です。
そんな時レンタルサービスを利用すれば、器具の合う合わないを判断することができます。
レンタル用品でも介護保険が使えますので、自己負担額は1割もしくは2割で済みます。
費用を心配することなく気軽に使用を開始できるのではないでしょうか。
命を支えてもらう道具ですから、使用する器具は業者側できちんと消毒し、メンテナンスされた状態で自宅へ運ばれてきますし、定期的に不具合がないかなどのチェックもしてもらえます。
使用に関して疑問や困ったことがあればスタッフにアドバイスをもらうこともできます。
アドバイスをもらったおかげで、家族だけでは見逃しがちな問題に気づくこともあるかもしれません。
レンタルは初めて利用する器具でも安心して使用することができます。

介護保険制度で介護用品をレンタルする方法

高齢社会になり、毎年65歳以上の高齢者が増加している日本ではそれに比例するように介護をする人の割合も増加しています。
介護は、ゴールがないといわれるように先が見えない辛いものです。
自宅などで、高齢者を介護する場合まずその介護度がどこに位置しているのか確認します。
レンタルを利用するには、要支援1~5の認定が必要になります。
その認定があるのなら、保険を利用することで格安の費用で車イスやベッドなどが使用できます。
車イスや、介助がしやすいベッドがあると自宅でもやりやすくなります。
気になる料金は、車イスの場合280~1000 円です。
これは、要支援の階級で金額が変動します。
あると便利な電動ベッドも、月600~1500円程度でレンタルができます。
電動ベッドがあると、食事やトイレの際に抱き上げる作業をしなくても機械が起こしてくれます。
力作業が、多い中で機械に任せることができるのはありがたいことです。
わからないよきは、福祉事務所に相談すると教えてもらえます。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.