Care Nursing
新着情報

◎2017/11/14

親を介護する際の注意点
の情報を更新しました。

◎2017/10/26

ストレスを感じないために
の情報を更新しました。

◎2017/9/14

介護サービスの種類
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

要介護度
の情報を更新しました。

◎2017/7/24

介護用品
の情報を更新しました。

◎2017/6/28

種類と特徴
の情報を更新しました。

◎2017/5/30

老人ホームの介護職の資格
の情報を更新しました。

◎2017/4/25

遠距離介護の始め方
の情報を更新しました。

◎2017/3/21

介護の就職支援サイト
の情報を更新しました。

◎2017/2/24

介護の仕事内容について
の情報を更新しました。

「介護 必要」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@chieyuki45 よーこさん、お疲れ様です✨ 詐/欺の件にファボするのも違うかな?と思いしませんでしたが、気になっておりました😔大丈夫と思っていても実際はなかなか対応できないものですよね💦定期的に確認が必要なのですね💦大事に至らなくてよかったです✨ お母様の介護、行ってらっしゃいませ☺️

今子育てしてる人家で看護や介護してる人が必要な助け、休みが得られるようになったらいいのに

TwitterけいたØ🍎☕️@tigClupus

返信 リツイート 4分前

「経済再生、介護、改善を」新しい菅内閣に願う読者の声:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASN9V… 「問題は雇用の「質」がともなっていなかったことです。増えた働き手の6割超はパートや派遣といった非正社員で、」とあるが、もう少し詳しく見る必要がある。(続)

竹内結子さんの件はショックだ。 産後うつなのか理由はわからないが、女性の自殺がかなり増えている。 経済が不安定になると、子育て・介護・家計等下支えしている女性に負担が増えるのは必然で、このままだと社会全体が崩れていく。 政府は早急に対策を! 今必要なのは携帯電話の値下げじゃない。

返信先:@ptj 介護必要になる年齢は人それぞれですし本当に必要になった時にその症状に見合った施設(サービス付高齢者住宅や認知症の人しか入れないグループホーム等)がありますので。今現在の自分が住みたい所に住んでいるのが1番かと思いますよ。先の事はわかりませんから。

Twitterオヒ-ワン・ケノーヒ@dokutorugama77

返信 リツイート 7分前

返信先:@kumakumayu7 まゆさん、おはようございます😃⛅️陽が差してきました✨介護関係、なかなかですね💦母は多機能介護で毎日来て下さるようになるので少し安心しました。施設にいる兄はまた入院もありそうでガックリです⤵️まゆさんお体お大事にされて下さいね🙏休むことほんとに必要ですよね。私もしばらくレッスンお休み

最近マックのポテト熱が高まり過ぎたので将来的に介護用品として開発したいと思います。いや、皆さんのベッドサイドにも今すぐ必要かも。 pic.twitter.com/jmLvKx5A8j

「自分の考えや価値観はひとまず横に置いとく」のは、介護職員には必要なスキル。 利用者様の差別意識に寄り添うと、別の場面での言動も理解しやすい。 男尊女卑、嫁いびり、長男だから偉い、田舎者差別等… ここで反射的にならずに、こちらの目的を達成することを考える。 自分の意見は休憩室で。

Twitter広瀬みずき@コーチング勉強中@hatasan_rabbit

返信 リツイート 13分前

病人は看護師に、介護必要な方は介護士に面倒見てもらうなら、お子さまをシッターさんにみてもらうのは別に構わないと思う

RT @edanoyukio0531: 医療、介護、保育、放課後児童クラブ、障害福祉。生きていくのに不可欠な「ベーシックサービス」への公的支出を増やし、働く皆さんの処遇改善をはかり、質量ともに必要なサービス供給を確保する。経済の実質的な成長と安心できる社会の実現には、格差の是正…

今、介護が社会問題となっています

介護と訪問看護ソフトを含めたシステムの普及

介護と訪問看護ソフトを含めたシステムの普及

高齢化と共に近年、介護が必要な方が急増してきています。
訪問介護には、医師・ヘルパー・看護師などが自宅を訪問し、治療を含めた介護の方針と処置を行いますが、多くのケースでは担当者が独りでない場合が多く、連絡を密にする必要に迫られますし、必須となっています。
こうした場合、現在普及してきている訪問介護ソフトを利用すれば、こうした連携が容易に行えますし、連絡ミスなどもなくなり、訪問を受ける方および家族にも貢献します。
最近ではタブレット端末が普及していますから、訪問先に持ち運んでその場で詳細を入力したり、サーバーと連携して内容を簡単に他のタブレットと共有できます。
また、タブレットに指導内容を入れておけば、訪問先で本人およびご家族に目にみて分かる説明が可能になります。
口では説明が困難な内容でも、画像やアニメ・動画で理解しやすく説明出来たりもします。
掛かる諸点数も即座に入力可能ですし、食事や投薬の管理もたやすいです。
こうした一貫したシステムは、全国各地で普及してきています。

介護におけるシステム:訪問看護ソフト導入の必要性

医療や介護の現場で必要になるのが記録です。
訪問看護のこれまでの記録は訪問時にとりあえずメモをとり、病院なり施設なり所属する事業所に戻ってから、専用端末に入力するというスタイルが多かったと思います。
それでは手間になってしまいます。
今は便利な訪問看護ステーション管理ソフトがあり、スマートフォンやタブレットを業務端末として使用できるものが増えています。
これなら、訪問先でも事業所用の入力を済ませることができ、さらに情報共有を図ることができます。
また、訪問看護は医療保険と介護保険の双方に絡みます。
訪問看護ソフトがあれば、そういった面倒な請求の切り替えや確認も簡単にできます。
日常業務、情報共有、請求業務という観点から導入の必要性が考えられます。
さらにソフトも日々進化しており、訪問看護指示書や訪問看護計画書といった医療文書の作成も簡単にできるものも出てきています。
忙しい業務時間の短縮のためにも導入の必要性は高まってきています。

Copyright © 2016 Care Nursing. all rights reserved.